駒来亭HB Σ(;一口|駐

お馬さんとかよしなしごとをつれづれなるままに。

努力 未来 A BEAUTIFUL STAR

10月になり、秋のG1シリーズも今週からスタート。

頂点に挑む馬も、そうでない馬も、それぞれの条件でベストを尽くしてほしいですね。

 

今週は1頭。土曜・中京のメイン、シリウスSにバーデンヴァイラーが出走します。

前走の盛岡・マーキュリーCを勝ち、重賞ウィナーの仲間入り。

その前のアンタレスSでの大敗を糧に、中段に控える形で結果を出してくれました。

中京ダートでは1回走り3着に敗れましたが、不良馬場で早い時計を前を追い掛けてのもの。

相手関係は一段と強くなる中で、どんな走りができるか楽しみにしています。

 

 

そのスピードで

3連休が終わったと思ったらまた3連休。

台風や大雨が続き、被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。

 

今週末の出資馬の出走は2頭。

日曜中山12R・3歳上2勝C戦のアコルドエールは8ヶ月ぶりの一戦。

状態がなかなか上がらず、慎重に立て直したため時間がかかってしまったようです。

ダート1200mに短縮した前々走で4着に健闘したものの、前走は同条件で12着。

前々走のように脚を溜める形を目指すにも、雨が残ると先行有利になりそうで。

 

日曜中京3R・2歳未勝利戦ではライジンホープが2戦目を迎えます。

400kgを切るかもという馬で、412kgでデビューできたのは良かったです。

途中からハナに立ってしまった分、最後は踏ん張りきれず5着だったので

芝1400mに距離を伸ばす今回、馬の後ろでレースをする戦法を試してほしいですね。

前半3Fを33.6秒で走れたスピードを生かす走りができれば。

 

 

恋のクラウチングスタート

キャロットクラブの1次募集の結果が発表され、

入会している各クラブで出資が決まった1歳馬が出揃いました。

 

<サンデー>

・スペルオンミーの21(メス、父カリフォルニアクローム

・エライヤの21(メス、父Saxon Warrior)

<G1>

リュートフルシティの21(牡、父ハービンジャー

<キャロット>

・ジンジャーパンチの21(牡、父スワーヴリチャード)

コルコバードの21(牡、父ルーラーシップ

・ディーパワンサの21(牡、父ドゥラメンテ

ディアデラマドレの21 (牡、父モーリス)

ヴィートマルシェの21 (牡、父リアルインパクト

 

40口クラブでは今月初旬に最初のレポートがあり、各馬順調なもよう。

キャロットでは、母馬優先のある5頭のうちリカビトスの21が落選で残念でしたが

あとの4頭と、ツアー動画で印象に残ったジンジャーパンチの21を最優先で迎えました。

 

ちょっとくらい遅れてもいい、みんな大きな頓挫なく過ごしてくれるよう願います。

 

 

SEASONS

新潟記念に出走した3歳フェーングロッテンは3着に健闘。

菊花賞に向かうと公式に発表され、あと1ヶ月半良い時間を過ごせますように。

 

夏のうちにデビューした2歳馬は5、5、4着とちょっともどかしい結果に。

今週から秋競馬。一度使った効果に期待したいところです。

土曜中京1R・2歳未勝利戦のストリンジェンドはダート替わり。

新馬戦はあまり良くないスタートからハナに立ち、直線では伸び切れませんでしたが

前夜の雨で、芝で見せたスピードが生きる形になればと願います。

 

 

夏の終わり

小倉日経オープンのヴァリアメンテは3着。

安定して力は出せていると思うので、ハマってくれる時を願います。

 

夏競馬の最終週は、3場それぞれで出資馬が出走します。

土曜札幌10R・日高Sのグレイトオーサーは

去勢明けだった先月の羊ヶ丘特別を勝ち、同条件の芝1500m戦での昇級戦。

前走は時計や展開に恵まれた感はありますが、それでも勝てたということが大事。

内枠有利のコースでまたも3枠3番となり、うまく生かしてくれたら。

 

日曜小倉5Rのメイクデビューにはパンデアスカル。

長距離を中心に5勝し、オープンでも入着したコルコバードの初仔です。

直前の調教での動きにはまだ物足りなさもあるようで、どんな競馬ができるか。

最終日の1800m戦は今年のダービー馬と同じ舞台。注目レースになるでしょうか。

 

日曜新潟11R・新潟記念では3歳フェーングロッテンが古馬に挑みます。

ラジオNIKKEI賞でのうれしい重賞初制覇から2ヶ月。

内枠から馬群で力を溜められたのが勝因と思っているのですが、今回は大外8枠18番。

大きく異なる条件のレースで好走し、秋への自信につなげてほしいところです。

 

 

SEXY BOY 〜そよ風に寄り添って〜

デビュー戦だったライジンホープは良いスピードを見せながらも5着。

体重は軽いものの維持できましたし、これから控える競馬も学んでいければ。

 

今週は日曜小倉11R・小倉日経オープンにヴァリアメンテが出走です。

前走の中京記念で後ろからの競馬になってしまい、直線で追い込んだものの0.3秒差5着まで。

短期放牧を挟み、中1ヶ月強で同条件のこのレースを狙うことになりました。

11頭立てと落ち着き、藤岡佑騎手に手が戻るのも心強いですね。

「ふたたび重賞へチャレンジする足掛かりに」という陣営の意気込みにイッパイ期待します。

 

 

リアル☆リトル☆ガール

先週は羊ヶ丘特別でグレイトオーサーが2年3ヶ月ぶりの快勝!

去勢して初めて臨んだレースでしたが、これなら効果があったと言えるかもしれません。

一方、ワーキングスタイルは9着に敗れた後に全治6ヶ月の骨折が判明。

クラブHPによると繁殖入りできるようで、次の場所で頑張ってくれたらと思います。

 

去る馬がいれば、ニューカマーもいる季節。

土曜小倉5Rでライジンホープ(父リアルスティール)がデビュー戦を迎えます。

400kg程度と馬体重が増えなかったのは正直痛いのですが、

追い切り映像では、小柄でも良いフットワークで駆けているように見えました。

芝1200mでの始動となり、後々は距離がもってほしいと思いつつ

まずはどんな走りを見せてくれるか、ドキドキですね。