読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駒来亭HB Σ(;一口|駐

お馬さんとかよしなしごとをつれづれなるままに。

うちのFrankel 知りませんか?

日曜にあった2歳G1の阪神ジュベナイルフィリーズ

出資馬ディーパワンサが出走し、4着と頑張ってくれました。

馬自身や調教師さんをはじめ関係者の皆さんには感謝しかありませんが

一方で、上位には力負けだったという現実もかみしめています。

さらに2歳OP勝ちの賞金だけでは、桜花賞出走には少し心もとないので

トライアルまでの3ヶ月間にさらなる成長を期待したいところです。

 

このレースを勝ったソウルスターリングはFrankelの初年度産駒。

ファンタジーSを勝ち、朝日杯FSでも有力馬であるミスエルテとともに

日本へ来た数少ない持ち込み馬が結果を出し、注目を集めています。

上記2頭は社台・サンデーで昨年募集されたFrankel産駒3頭のうちの2頭。

あと1頭が出資馬インラグジュアリー(インランジェリーの14)であります。

こちらはボーンシストで大きく出遅れ、完全に旋風の蚊帳の外ですが。

 

それでも、先月後半に騎乗運動を再開し、前に進んでいます。

春に調教を再開した時は、1週間後のレポートで再び頓挫したこともあり

今回も悪いレポートがないか、毎日のようにクラブHPを覗いてしまいます。

なんとか今後は大きなトラブルなく進み、デビューできるよう願うばかりです。

 

【先々週、先週の結果】

リアファル…5着

・ディーパワンサ…4着

 

 

やる気! IT'S EASY

気がつけば師走、もう年の瀬ですよ。

今年も出資馬たちは頑張ってくれて、今週、来週は重賞にもスタンバイ

来年へ期待をつなげられるような走りを期待したいところです。

 

今週は土曜・中京の金鯱賞リアファルが出走。昨年の有馬記念以来になります。

2周目の3〜4角で早くも後退し、故障が心配された中、腱鞘炎との診断。

休養していた北海道から10月下旬に帰厩、調教を重ね年内の出走にこぎつけました。

最終追い切りの映像を見ると、前脚が開いた走法は相変わらずですが

前進気勢があり、出来は悪くなさそう。あとは実戦でどうかですね。

 

担当の助手さんが厩舎でのリアファルの様子をtwitterに動画を上げてくれていて

ニンジン好きすぎやろと和みつつ、カウントダウンのように復帰を待っていました。

いよいよこの日がやってきたなぁと、不安よりも嬉しさが先に立ちます。

1番人気だった去年の菊花賞。先着された2頭に実績も大きく差を開けられましたが、

これから少しでも追いつけるよう、まずは今日を無事に終えてほしいですね。

 

【先週の結果】

コルコバード…5着

 

 

誰も知らない未来を抱きしめて

祝日を利用して北海道の牧場を訪ね、出資馬の見学をしてきました。

1歳馬が中心でしたが、さらに寒くなる冬に、良い鍛錬を積み重ねてほしいものです。

 

▽○○○○○○○○○の15(隠し子w)

父譲りで気性が難しいところもあるが、体つきはたくましい。

▽フレンチボウの15

まだ子供っぽさがあり、奥手なところも。体のラインは父似かな。

▽クローバーリーフの15

気性的には、うるさいというよりまだ幼い感じ。いい度胸は持ってる。

 

▽クリソプレーズの15

姉(マリアライト)と比べて気が強い。充実期は姉より早そう。

ディアデラノビアの15

案外おとなしく、今のところ手がかかっていないとのこと。

ヴィートマルシェの15

トモ高で、これから変わりそう。坂路入りしてもへこたれていない。

▽ココシュニックの15

ディープ牝馬らしくまだ幅はないが、走りは前向きで気性はいい。

▽アソルータの15

食いが良く調教でも攻められる。体高は低いがトモの幅がある。

フォルテピアノの15

他のヘニーヒューズ産駒とはタイプが違い、柔らかみがあり芝でもやれそう。

 

ボーンシストにより、Frankel旋風に乗り遅れた2歳インラグジュアリーも見学。

ちょうど数日前に乗り運動を再開し、直線コースに入り始めたとのこと。

「デビューできれば結果はついてくる」。その言葉を信じようと思います。

 

 

今週の出走は1頭、土曜・京都の高雄特別にコルコバード

母が輸送がダメだったし、コルコは小さい馬なので余計に心配です。

京都芝2400という条件も、ペースが落ち着くと先行有利なイメージ。

それでも前走500万下戦での勝ちっぷりは良かったので、期待したいところです。

 

【先週の結果】

・ステイキングダム…5着

ドレッドノータス…2着

・シャンタルエット…3着

 

 

雨の降らない星では愛せないだろう?

日が暮れるのがずいぶん早くなったと感じるこの頃。

秋が深まる中、今週は3頭が出走です。

土曜が雨予報で、どう影響するかが各馬のポイントになりそうです。

 

土曜・京都の平場1000万下にはステイキングダムが出走。

前走は昇級戦の府中戦でブービーの8着でしたが、着差は0.3秒と小差でした。

京都替わり&再び和田騎手に戻り、プラス要素といえそうです。

後は雨がどうか。ピッチ走法なのでこなせそうではあるのですが。

 

同じく土曜・京都のOPアンドロメダSにはドレッドノータス

皐月賞以来7ヶ月ぶりですが、やっぱり気性に難がありそうなのは懸念材料です。

1年前に新馬→京都2歳Sと連勝したのと同じコースなのはプラスかな。

休み明け、初の古馬戦で18頭立て。見せ場くらいはあるといいなぁ。

 

日曜は福島ダ1700m戦にシャンタルエット。

500万下戦では良馬場で好走したことがなかったので前走2着には驚きましたが、

パドックで見せた前進気勢が先行策に繋がったのかな。

足抜きの良い馬場はよさそうですが、あとは中1週の出来ですね。

 

【先週の結果】

・ディーパワンサ…4着

 

 

イニシャルD

さぁ、やってきました。京都・デイリー杯2歳S。

ディーパワンサが3ヶ月半ぶりの出走です。

 

新馬→中京2歳Sと連勝し、早々にオープン入り。

その間に、暮れの阪神JFに向け実力馬が続々と名乗りを上げており、

ディーパワンサにとっては、成長が試されるレースになりそうです。

 

調教の映像を見ると、前進気勢やグイッと首を下げる走りは変わっていないみたい。

ぜひここで好結果を残して、堂々と仁川に乗り込めたら嬉しいのですが。

 

【先週の結果】

・シャンタルエット…2着

 

 

My Blood

400口募集のキャロットでは、母馬の元出資者への優先枠がありますが

そんな枠の設定は難しい40口クラブでも、出資していた馬の子は気になるもので。

 

私が出資していた1/40馬で、社台系牧場で繁殖に上がれた馬の初子が現2歳世代。

ピーチブローフィズの子はシルクで募集され、入会しようか迷ったけれど

これ以上クラブは増やしたくないという理性が勝ち、外から見守ることに。

そのロックローモンドはデビュー目前で牧場で死んだと知り、残念でなりません。

 

もう1頭、イングリッドの子はクラブ募集に出てきませんでした。

関係者の方に聞いたところ、「小さかったから出さなかった」とのこと。

その馬がキングリッドという名で、土曜・東京の新馬戦でデビューします。

イングリッドディープインパクトの初年度産駒で、

脚元の故障もあり、大成できませんでしたが、4戦3勝と能力のあった馬でした。

キングリッドの活躍と、これからの子は今後また縁があるよう願っています。

 

現出資馬では、今週はシャンタルエットが日曜・福島で出走します。

個人的には芝でもう一度見てみたいのですが、関係者にそのつもりはないようで。

確かに掲示板にはちょこちょこ載ってるけど、勝負には全くなってないしなぁ。

生まれ故郷だなんて贅沢は言わないんでなんとか繁殖に、と諦めモード…。とほほ。

 

【先週の結果】

・ノーブルリーズン…13着

シトラスクーラー…7着

 

 

 

 

深まる秋

長く休養していたリアファルドレッドノータスがそれぞれ栗東に帰厩。

年内に元気な姿を競馬場で見られるのを楽しみにしています。

 

今週は2頭の出資馬が出走です。

土曜・新潟の柏崎特別にはノーブルリーズン。3ヶ月半の休養明けです。

新馬勝ちしたり、3歳夏に2勝目を挙げたりと能力はそこそこありそうですが

気性的にその能力を発揮できない状況が続いてしまっています。

「競馬でジョッキーが跨がったとたんにプツッと切れてしまって」と調教師。

今回はさらに新潟への輸送もあり、その辺も気がかりです。

 

日曜・東京の三峰山特別には、昇級戦となるシトラスクーラー。

前走は上がり34.8秒とダートではなかなか出ない驚きの末脚でしたが、

湿った馬場で、キックバックも少なかったので中団で待機できたのかも。

金曜夜時点は雨で稍重発表ですが、さすがに日曜午後には良馬場かなぁ。

上のクラスのペースにうまく対応できるかもポイントになりそうです。