駒来亭HB Σ(;一口|駐

お馬さんとかよしなしごとをつれづれなるままに。

秋だもの!

秋華賞へのトライアルが先週で終了し、メンバーが固まってきました。

6月に1000万下を勝って以来、ぶっつけで臨む予定のリカビトスは

今週の1000万下戦の結果次第では抽選かもしれませんが、枠はありそう。

浜中騎手とのコンビが決まり、無事の出走を祈るばかりです。

2歳馬はエリスライトがゲート試験合格、フィニフティ栗東入厩。

ゲート合格後に放牧に出ている馬もいて、秋後半には出走ラッシュかも。

今週は4週間ぶりの出走で秋競馬初。いい先陣が切れますように。

 

土曜・阪神9RのききょうSにはアントルシャ。

7月の中京でデビュー勝ちを収め、2ヶ月ぶりのレースになります。

その新馬戦や調教によると、キレよりもしぶとく伸びるタイプのよう。

今回は、アントルシャともう1頭以外は前走が1200mだった馬ばかりで

それなりのペースになるでしょうから、うまく流れに乗りたいところ。

 

同じく土曜・阪神の最終12Rにはステイキングダム。

前走の小倉戦で4着し、中3週での参戦になります。

距離は前走や今回の2000mくらいが良さそうですが、

坂のあるコースでは新馬戦2着ぐらいしか良績がない上に

他馬を気にする気性で、フルゲートをさばけるかどうかが鍵になりそうです。

 

 

愛おしくってごめんね

キャロットクラブの第1次募集結果が発表されました。

応募馬は前回の記事で書いたので、まずは選考過程を振り返りつつ。

 

募集馬リストや厩舎、カタログと動画、測尺が徐々に公開される中で

ディアデラノビアの16、フォルテピアノの16、ヴィートマルシェの16

の母馬優先持ちの3頭は申し込むつもりでいました。

当初の最優先候補はクライフォージョイの16とブライダルソングの16。

カタログ写真では前者、動画や実馬を見て後者に傾きつつ。

 

そして迎えた中間発表。最優先候補の2頭は最優先での抽選になりそう。

そしてディアデラの母馬優先+最優先が伸びたらどうしよう?と不安になり、

それだったらディアデラに最優先をつけて、1頭確実に取ることにしました。

その不安に引きずられ、同じく母馬優先のあるクリソプレーズの16もポチッと。

母馬優先なしの一般は、死に票だろうと思いつつブライダルソング、

募集馬見学ツアーで見て好印象だったフラゴリーネの16と、

再チェックしているうちにトニービン好きの血が騒いだプルーフオブラヴの16の3頭。

 

そしてそして抽選結果は…。

 

05.ディアデラノビアの16(母+最)…◯

24.フラゴリーネの16…×

28.フォルテピアノの16(母)…◯

51.ヴィートマルシェの16(母)…◯

64.ブライダルソングの16…×

77.プルーフオブラヴの16…◯

81.クリソプレーズの16(母)…◯

 

と、5頭の出資が決まりました。

お仲間さんの中ではフォルテピアノの人気が高く、

自分を含めてすでに10人弱ご一緒なので、それも楽しみです。

 

 

終わらない夏休み

秋競馬が始まりますね。とはいえ出資馬の出走は3週目までなさそう。

プレシャスリーフとエルディアマンテがゲート試験をクリアしましたが

それぞれ、クラブのレポートではいったん放牧を挟みそうな雰囲気も。

それでも秋の中盤〜後半には楽しませてくれることを願いつつ。

 

 

キャロットクラブの1次募集が締め切られました。

当落の発表は1週間後。今年はどの馬とご縁があるでしょうか。

備忘録も兼ねて、申し込んだ馬を記載しておきます。

 

【最優先】(前年最優先当選)

05.ディアデラノビアの16

【一般】

24.フラゴリーネの16

28.フォルテピアノの16

51.ヴィートマルシェの16

64.ブライダルソングの16

77.プルーフオブラヴのの16

81.クリソプレーズの16

 

 

1st Priority

キャロット1歳馬募集の1次募集が7日に締め切られます。

今年はたまたま休みと飛行機が取れたので、日帰りツアーに参加しました。

周回展示がないので、掘り出し物の発掘ができた感は正直ないのですが、

カタログやDVDだけでなく実馬を見られたのだから、プラスにしたいですね。

所属馬が今年のダービーを勝ったこともあり、会員さんがさらに増えていそうで、

母馬優先や最優先の使い方にも頭を悩ませつつ、決断の時が近づいています。

 

昨年出資したエリスライトとエルディアマンテがそろって先月末に美浦へ入厩、

リリーバレロ外厩へ移動し、2歳出資馬は全馬が本州へやってきたことに。

かと思えば、クリストフォリが「骨軟骨腫の疑い」で北海道へ逆戻り。

結局、競走馬は走ってナンボですからね。各馬順調にいくよう願うばかりです。

 

 

次々続々

今週は日曜・小倉の鳥栖特別にステイキングダムが出走します。

降級戦の前走で10着に敗れてから2ヶ月半ぶりの一戦。

ちょうど1年前に勝った小倉。坂のないコースはいいと思いますが、

追い切りの時計はあまりパッとしない感じで、強気にはなれないかな。

 

 

夏競馬も終盤。新潟・小倉・札幌開催は結局この1走だけになりそう。

その一方で、秋競馬を目指す2歳馬たちが動きだしています。

 

クリストフォリは16日に栗東に入厩し、10日でゲート試験に合格。

放牧に出されたので出走は先になりますが、一つ前に進みました。

中京で新馬勝ちを果たしたアントルシャは24日に栗東に帰厩、

阪神・ききょうSか中山・サフラン賞を目指すようです。

またプレシャスリーフが25日に美浦へ入り、ヴィオローネも31日栗東入厩予定。

特にプレシャスは目下3連勝中のサンデーレーシング×オルフェーヴル産駒。

アマルフィコーストに続き、1/40馬たちも頑張ってくれるといいなぁ。

あとはエリスライトがNF天栄に移動済み。

リリーバレロがじっくり調整なのは仕方ないとして、

エルディアマンテはそろそろ移動の話が出てこないかなぁ?

 

古馬勢もそれぞれ休養を経て元気な姿を見せてほしいところ。

3戦3勝のリカビトスはこの馬なりに順調なよう。秋の飛躍を期待しています。

 

 

あー夏休み

7月中京の最終週でアマルフィコースト&アントルシャが快勝した後は、

2頭とも放牧に出たこともあり、3週にわたって出資馬の出走がありません。

それ以前に、インラグジュアリーが引退したので在厩馬すらしばらくおらず、

今週帰厩したステイキングダムが27日の小倉に出るまでは静かな夏休みです。

 

社台/サンデーの2歳馬、ヴィオローネとプレシャスリーフは

早ければ今月中にも北海道脱出、トレセン入厩がありそう。

クラブコメント的には動きは悪くなさそうで、デビューが待ち遠しいところ。

3連勝中の3歳馬リカビトスなど、キャロット勢も楽しみな馬が何頭もいます。

 

残暑に負けず、秋競馬へ。各馬それぞれの目標に頑張ってほしいところです。

 

 

悲しい自由

インラグジュアリーの引退が決まりました。

出資が決まってすぐ、1歳秋にボーンシストが判明してしまい

希望を持ちたかった思いと、取り下げるべきだったのではとの思いと。

もうどうにもできないのだけれど。

 

 

さよなら Amour つらい役は もういや

忘れて Amour 愛に応え 燃えた私を

 

もう私は自由

二度と待ちわびる時間(とき)の鎖に

縛られない

もう私は自由

そうよ こんなにも気ままに泣ける

明日のために

岡崎律子『悲しい自由』)