読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駒来亭HB Σ(;一口|駐

お馬さんとかよしなしごとをつれづれなるままに。

愛すべき明日

3歳の出資馬、マイティーキュートの引退が決まりました。
昨秋のデビュー直前に屈腱炎を発症し、覚悟はしていましたが
復帰を目指して牧場で調教していたところ、再発してしまいました。
トレセンでの動きは良さげで期待していたので残念です。
 
今日は同期のディーパワンサが優駿牝馬オークス)に出走します。
こちらは昨夏デビューから早々にオープン入りし、阪神JFで4着。
3歳の飛躍を願っていたものの、フラワーC着外→桜回避→フローラ2桁と冴えず。
折り合いがつくので距離延長でも、と陣営は言いますが、体型はマイラー
苦戦必至ですが、出走する以上は一つでも上を目指してほしいですし、
この出走が明日への糧になりますように。
 
 

Front breaking

社台・サンデー・G1各クラブの1歳募集馬リストが発表になりました。

出資2歳勢でもトレセンに入厩した馬もいて、「先」がドキドキな時季。

それでもやはり、現役馬たちの頑張りがあってこその趣味ですからね。

 

先週は出走がゼロでしたが、今週は日曜に2頭がスタンバイ。

東京1Rのオーブルージュはデビュー2戦目で、引き続きダート1600m戦。

もう少しやれるかと思っていた初戦はブービー負け。とほほ。

大型馬なので叩いての上積みを期待したいところなのですが。

雨が残り脚抜きの良い馬場となりそうで、その辺もこなせるかどうか。

 

京都9R・白川特別のステイキングダムは芝2400mと距離延長の一戦。

どうも他馬を気にするらしく、シャドウロールを着けてみるとのこと。

調教では効果があったそうで、実戦でもプラスに働きますように。

引き続き和田騎手の腕にも期待ですが、小柄な馬だけに重い馬場は心配です。

 

 

アドゥレセンス・ラッシュ

アンティノウスが昇級戦となる3歳500万下戦を勝ちました!

 

1ヶ月半ぶりとなった一戦はマイナス6kgと少し絞れた感じ。

パドックでは大人しいというか、お仲間さんは「覇気がないような…」との感想。

それがレースでは好ダッシュを決め、芝部分を生かして先行態勢。

「これなら負けても次は芝レースを考えてもらえるかもね」なんて言っていたら

4コーナーを手応え良く3番手で回り、直線では早め先頭から後続を引き離す一方。

1番人気馬が後方でもたついていた展開にも恵まれ、4馬身差の快勝でした。

 

昨年6月の2歳戦開幕週にデビューしたものの、5戦目の前走でようやく勝った馬が

ここで連勝を決めるとは、しかも4馬身差と勝ちっぷりも見事。

国枝調教師はレース後に「本当に馬が良くなっています。自信ありましたよ」と

コメントしていましたが、いやはや。驚きの2勝目でした。

 

ここまで間を空けつつ使ってきたので、順調なら次はユニコーンSでしょうか。

そこで勝負するにはさらに時計を詰める必要があり、さらなる成長を願うばかりです。

 

 

ジェラシー ジェラシー

先週の出資馬たちは予想通り凡走ばかり。

一方でお仲間さんの馬たちが重賞を賑わしているのを見るにつけ、

私には癒しが急務! お願いレスキューミー!!

 

今週は1頭、土曜・府中7Rにアンティノウス。

前走、3月の中山戦で初勝利を挙げ、昇級戦です。

500万下はダート戦が少なく、メンバーが揃うんですよね。

跳びの大きな馬なので、大外になったのはプラスでしょう。

このクラスでもやれる手応えが欲しいところですが、どうでしょうか。

 

花は咲く

常磐線に乗り山元TCを見学してきました。

前回訪れた時は途中駅から代替バスでした。

その前は、跨線橋を渡ってホーム移動したかつての駅の記憶。

6年の沿岸部の経過と現状をかみしめつつ。

 

さて今週は3頭が出走です。

土曜・東京1Rのオーブルージュはデビュー戦。

2週前に美浦坂路で好時計を出しましたが、

元々大型馬ですし、使ってからな雰囲気も。

次につながるレースをしてくれたらと。

 

土曜・福島6Rにはシャンタルエット。

前走4着で優先権を取り、中1週は予定通り。

この後は昨年同様北海道シリーズかな?

てか何か変えないと何も変わらないままラスト1年を終えそうで心配。

 

日曜はディーパワンサが東京メインのフローラSに。

6枠12番と、やや外めの枠は悪くないかな。

ただ、フラワーCで好走してないのに、さらなる距離延長はどうか。

そもそも桜花賞を回避した陣営の判断を消化できてない自分なもので。

 

 

カルテット

昨夏のキャロットツアー時に牧場で休養していた当時3歳以上のオープン馬たち。

ドレッドノータスは秋に復帰し2着したものの、その後振るわず年明けに去勢。

リアファル金鯱賞(冬)はまずまず、AJCCで凡走の後、金鯱賞(春)直前に再び故障。

クリプトグラム日経新春杯日経賞とそれぞれ直前にトラブルでいまだ出走せず。

 

そして残る1頭、アジュールローズが日曜の福島民報杯で復帰戦を迎えます。

昨年のダービー出走後、右トモ球節にうっすら骨折線が見つかり、11ヶ月の休養に。

そのダービー時は500kgを割っていましたが、牧場では550kgまで増えていた様子。

休養期間の長さや大きな馬体を考えると、復帰初戦からは厳しそうかなぁ。

上記の馬たちのうまくいかない現状もあり、まずは無事に終えてくれたらと。

 

 

桜の雨、いつか

フラワーCで6着に敗れたディーパワンサは桜花賞をパスしてフローラSへ。

賞金は足りていたので、出てほしかったなぁという思いは消せません。

土曜・阪神の白鷺特別を予定していたコルコバードも回避でorz。

 

日曜・福島3Rの古馬500万下(牝)にシャンタルエットが出走します。

ローカルのダート中距離で着狙いな近走なので、除外にならず一安心。

前走は8着でしたが、この中間はウッドでの調教もまあまあな感じ。

前々で進めたいところですが、具合が良さそうな時ほどゲートで躓くんだよなぁ。

もう一つ勝ってほしい、でも上では厳しそうだし、というせめぎ合いな心境です。