駒来亭HB Σ(;一口|駐

お馬さんとかよしなしごとをつれづれなるままに。

Standing on my chance

来週の桂川Sを予定していたアマルフィコーストが熱発のため回避することに。

寒暖差の激しい時季ですので、皆さまもどうぞご自愛ください。

 

今週は日曜の東西・1000万下平場戦にそれぞれ1頭が出走です。

京都7Rのプレシャスリーフは前走の新潟戦で2勝目を挙げての昇級戦。

これまでの2勝はダートでしたが、2戦目の未勝利戦以来の芝にトライします。

このままダートで上を目指すには馬体やパワーが足りないかもと感じていて

芝で走れればこの先の可能性も広がりますし、頑張ってもらいたいところです。

ブラストワンピースと0.4秒差だった新馬戦を見ると、切れ味勝負では分が悪そう。

以前にも乗っているルメール騎手なので、良さを引き出す騎乗を期待します。

 

東京8Rのアジュールローズは7月の福島戦以来3ヶ月弱ぶり。

近走は大敗続きで、喉のせいなのか増えている体重のせいなのか。

同じような調整では変わり身は厳しいかなぁと思っていましたが、

クラブレポートによると追い切りでブリンカーを試し、効果がありそうとのこと。

低迷から抜け出すキッカケになってくれたらと願うばかりです。

 

 

夢のむこうで

今週から開催が東京・京都に移り、より秋競馬らしくなってきましたね。

先週は出資馬の出走はありませんでしたが、今週からは再びポツポツと出てきそう。

 

今週は1頭、日曜・東京のテレビ静岡賞にアンティノウス。

6月に快勝後、8月のレースで除外を食らってしまい4ヶ月弱ぶりになります。

その前走も降級を挟んでの1000万下連勝だったので、準OP戦はこれが初挑戦。

ダート路線は上のクラスに行くほどレースが少なくなって層が厚くなりがちですし、

ここで勝ち負け、というよりも他馬との力関係を測る一戦かなぁと思っています。

 

同日の2歳未勝利戦に出走予定だったイヴォークが残念なことになりました。

また先々週にはエルディアマンテがスーパー未勝利を勝てず、繁殖入り。

この2頭と同厩だったアンティノウスに重ねる思いはありますが、

過度な期待とならないよう、見守り、エールを送るのみであります。

 

 

女に 幸あれ

6月半ばから2ヶ月ほど出資馬が勝てない時期が続いてスネていたら

カウディーリョの新馬勝ちから1ヶ月(5週)でなんと7勝!

頑張って走ってくれている馬たちに、毎週のように元気をもらっています。

 

この流れに乗っていきたい今週は2頭。

土曜・中山4R、スーパー未勝利のエルディアマンテは特にそう。

昨秋の新馬戦でハナ差2着に惜敗し、それでも勝ち上がりは近いと思っていたら

惜敗続きからの喉の不調発覚、そして復帰戦で着外に敗れ崖っぷちに。

スーパー未勝利は3週目以降に芝がなく、ダ1200m戦になってしまいました。

雨の影響で足抜きが良くなりそうで、いちるの望みを託すだけであります。

 

同じく土曜・中山の最終Rではエリスライトが7ヶ月ぶりの出走。

新馬勝ち後の500万下戦で4着した後に、軽度の骨折が判明して休養しましたが

430kg前後の馬体だったので、どれだけ増えているかが気になりますね。

3歳牝馬ですが、もう秋華賞というタイミングではないですし

マリアライトのように、じっくり力をつけていってくれたらと思います。

 

 

アイノカタチ

月曜・阪神新馬戦でクリソベリルがデビュー勝ちを果たしました!

 

スタートは良くなかったですが、外目から徐々に位置を上げていき

4コーナーではほぼ先頭、他馬と手応えの差も歴然で声を出すこともなく

直線ではグングン差を広げて、7馬身差の勝利でした。

 

レースぶりは、芝レースではありますが、昨年暮れに

半姉エリスライトが5馬身差で快勝した新馬戦に似ているように見えたのですが、

結局、中央で勝ち上がった馬は1頭のみという低レベルなメンバーでした。

今回のクリソベリルも、本当の評価は次以降になるのかなと思っています。

もちろんデビュー戦をきちんと勝てたことは、ありがたく嬉しいことです。

 

クリソベリルの母クリソプレーズは、ディアデラノビアと同期で3勝馬

ツメの蟻洞が広がって初期の蹄葉炎と診断され、5歳夏に引退しました。

蹄葉炎というと命に関わるイメージが強く、心配した記憶があります。

それがクリソライトマリアライトリアファルと重賞馬を送り出す偉大な母に。

そんな母に、またひとつ勲章を加えられるような活躍を願うばかりです。

 

 

Don't wanna cry

土曜・中山のレインボーSでドレッドノータスが逃げ切り勝ち、

オープン復帰&総賞金1億円突破を果たしました!

 

札幌→栗東→中山の輸送を伴う中2週が心配でしたが、馬は元気だった様子。

ハナに立ってマイペースに持ち込み、3〜4コーナーでも手応えはありそうで

直線では、テレビ観戦ながら思わず「頑張れ、粘れっ」と声が出てしまいました。

 

ずっとしてほしかった、前に行く競馬で結果が出たのも嬉しいですね。

レース後の石橋脩騎手のコメントでは「行けるなら行くつもりだった」とのこと。

「もたれる馬なのでラチを取りたかった」ともあり、ナイス判断&騎乗でした。

力まずに先行し、直線はラチを頼って粘る競馬がいいのだろうと改めて実感しました。

 

ドレッドノータスの母ディアデラノビアは重賞3勝ながらG1には届きませんでしたが

同じく重賞3勝のディアデラマドレだけでなく、ディアデルレイも賞金1億円を超え、

サンマルティンもあと少しで大台を超えるところまできています。

その下のバルデスは素質を感じさせながら故障引退、

3歳エルディアマンテは新馬2着がありながらまだ勝ち上がれていませんが、

2歳カウディーリョは先月の札幌で新馬勝ちを収めています。

 

私はノビアの子たち全てに出資しているわけではありませんが、

ノビアでご一緒したお仲間さんたちも引き続き子供たちに出資されてたりして

今年の1歳も「行ったよ〜」との報告を、皆さんからいただきました。

 

ディアデラノビアが募集に出たのが2003年の秋。ちょうど15年前のこと。

頑張ってレースを走って、結果を出して牧場に戻って、子供を毎年送り出してくれて

今年はとうとう娘マドレの娘、つまりノビアの孫娘も募集に初登場しました。

 

これだけ結果を出しているのに、G1には手が届かないこの一族。

だからこそ愛おしく、毎年毎年追いかけられるのかもしれません。

あ、でもドレッドが間違って大きいトコ獲っちゃってもかまわないんだからね?(笑)

 

 

勹″ッと<る才−夕∠、

キャロットの1次募集結果が通知されましたね。

私は5頭の出資が決まり、社台/サンデーと合わせて7頭の陣容に。

今回のうま選びについては、またおいおい書くとして。

 

今週は3連休で3日間開催。各1頭ずつのスタンバイです。

土曜・中山メインのレインボーSにはドレッドノータス

前々走で連続3着が途切れたと思ったら、前走で準OP5度目の3着に。

その前走もでしたが、溜めて良いタイプでないので積極的なレースが見たいですね。

というか札幌から中2週、さらに栗東から中山の輸送はさすがにどうなのか…。

 

日曜は阪神メイン、ローズSにフィニフティ桜花賞以来の出走。

元々は先週の紫苑Sに登録していましたが、僚馬の故障もあってかこちらへ。

成長を促すためにオークスをパスした効果がどれだけ出ているかが鍵になりそう。

秋華賞へは賞金が心もとないので、何とか切符を獲ってほしいところですが。

 

月曜は阪神6Rの2歳新馬戦でクリソベリルがデビュー戦を迎えます。

新潟の新馬戦で除外を食らってからは放牧に出て2週間ほどリフレッシュ。

全兄クリソライトという血統に違わず、調教ではパワーあふれる走りで

初戦なので何があるか分かりませんが、良い結果を出せたらうれしいですね。

 

先週は出資馬の出走がゼロだったので、個人的にはこれが秋競馬の開幕。

近々の出走を予定している馬もちらほらいて、充実の秋になるといいなぁ。

 

 

人知れず 胸を奏でる 夜の秋

6日未明に北海道で発生した大地震

牧場見学でよく訪れる安平町で震度6強、隣の厚真町では震度7

新千歳へ降りる飛行機から見ていた山々の、激しい山崩れの写真に言葉を失いました。

停電・断水などは徐々に復旧しているようですが、

被害が拡大しないよう、願わずにはいられません。

 

先週はリリーバレロが3歳未勝利戦をギリギリで勝ち上がり。

3歳6月デビューながらよく頑張った、と安堵しています。

今週は中山・紫苑Sにフィニフティが登録していましたが、ローズSに回るとのこと。

僚馬の故障もあってこうなったようですが、どうでしょうかね。

 

地震の直前、先週の土日にキャロットのツアーで現地を訪れていました。

クラブの情報によると、人馬ともに大きな被害はなかったとのこと。

応募自体は地震より前、ツアーから帰宅した夜にポチッと済ませてたんですけどね。

今年も良いご縁がありますように。