駒来亭HB Σ(;一口|駐

お馬さんとかよしなしごとをつれづれなるままに。

異邦人

先週は6頭出走で勝ち負け想定の馬もいたものの、ばんざ〜いナシよ。

5頭が人気を下回ったのも地味に痛かったですねぇ。

唯一15番人気で14着だった5歳牝馬シャンタルエットは引退が決まりました。

思うところがないわけではないですが、「繁殖入り」の文字にホッとしました。

1/40クラブで初めて名前が採用された馬。母としてその名を残せますように。

 

今週は土曜日、いずれも6月に500万下に降級したまま上がれていない4歳2頭。

東京7Rのコルコバードは、9月の中山戦2着から2ヶ月弱ぶりの出走です。

爪の不安で少し間が空き、降級初戦だった前走はスタート後最後方で万事休す。

それでも2着に頑張りましたが、やはり広いコースの方が本領発揮でしょう。

なんとR・ムーア騎手へ乗り替わり。ここはなんとか決めてほしい一戦です。

 

京都8Rのステイキングダムも、9月の阪神戦から2ヶ月ぶりの出走。

降級後3戦していますが、一度勝っているクラスだしもう一度勝てないものかと。

戦績を見ても坂のないコースのほうが良さそうで、京都で前進を願いたいところ。

和田騎手からボウマン騎手に替わるので、新味を見せてくれないかなぁ。

 

2頭とも短期免許で来日中の外国人ジョッキーに乗り替わりです。

アマルフィコーストも、阪神JFではC・デムーロ騎手が騎乗するとのこと。

一口会員的には、愛馬を勝たせてくれる期待度の高いジョッキーは嬉しいですが

競馬ファンとしては複雑な思いも。日本人ジョッキー、それでいいのかい?

 

 

毎日がプレシャス

土曜の最先着は新馬戦のエルディアマンテが鼻差の2着。

日曜は3頭とも1/40。人気馬もいるし、今日の悔しさを晴らしたいなぁ。

 

東京5Rの新馬戦ではプレシャスリーフがデビュー戦を迎えます。

オルフェーヴル産駒はすでに重賞2勝ですが、勝ち上がりは多くない現状。

直前の牧場滞在時で体重が450kgほどだったので、430kg台くらいでしょうか。

JRA-VANの追い切り映像では、前向きでキビキビと走れており、

実戦でもしっかり走ってくれるよう願うばかりです。

 

福島7Rのシャンタルエットは中1週での出走。

優先権がないためダ1700m(牝)に出られず、芝2600mの抽選にクリア。

2年半ぶりの芝出走は喜ばしいのですが、距離が長いなぁ…。

ジョッキーに「芝も問題ないですね」とか言ってもらって

残り少ない現役期間で、芝の中距離を使ってもらえるようなレースを。

 

東京7Rにはシトラスクーラーが前走2着からの中3週。

500万下の東京戦なら安定して末脚を伸ばせるようになってきましたが、

位置取りが後方になってしまうので、先に抜け出した馬を交わすには至らず。

勝ち切るには、展開の恩恵も受けたいところです。

土曜日は予想ほど雨が降らなかったので、良馬場で末脚が生きるかどうか。

 

 

My dear

今週はなんと、出資馬が6頭も出走ですよ。

年末、そして来年に向けて少しでも良い流れになりますように。

まず土曜は3頭、開催のある全3場に1頭ずつ出走です。

 

福島4R、2歳未勝利戦のヴィオローネは新馬戦5着からの中2週。

まぁボチボチだったかなという印象のデビュー戦でしたが、

鞍上とリズムが合ってなかった?と見えたのも、飛びが大きい走りのせいかな。

ビュッと切れるタイプでもなさそうで、福島の小回りなら先行したいところ。

鞍上の加藤祥騎手は先週の福島で2勝。ぜひこの馬でも好騎乗を。

 

東京6Rのエルディアマンテはデビュー戦になります。

2週前には軽い腹痛があり、最終追い切りも軽く、見守る側としてはやきもき続き。

「先導した馬のペースが上がらなかった」そうで、力は出せる出来と信じたいもの。

体重は420kgくらいのようで、このゆったり仕上げが吉と出ますように。

母や1つ上の兄バルデスでも勝っているルメール騎手の腕にも期待です。 

 

京都10R・修学院Sのドレッドノータスは、エルディアマンテの2つ上の兄。

先週の修学院S5着からの、連闘での出走となりました。

前走は思いもせず後方からで流れに乗れず、今回は内回りに変わる京都2000。

コースは実績がありますが、連闘だし、メンバーも揃ったし。

この馬こそ矢作厩舎の使い方には合わないよなぁとつい思ってしまいます。

 

 

Fine colorday

フィニフティ新馬戦を快勝しました!

 

事前のスポーツ紙などでの藤原調教師のコメントを読んだところでは

「鍛えての成長力がありそう」と現時点でどこまでできるか試されているような感じ。

 

馬体重428kgは、430kg台あったらいいかなと思っていたので気がかりでしたが

パドックでのキビキビとした動きと、返し馬での柔らかな足さばきを見て、

「ここで勝てたら確かに夢が広がりそうだなぁ、広がってほしいなぁ」と願い。

そしてレースでは、3、4番手追走からあっさり抜け出し快勝。

レース後の藤原調教師はウィナーズサークルでもご機嫌でしたし、

取材には「満点やな」。そして「この後要求するものも大きくなってくる」などと

期待の大きさを感じさせるコメントがあり、うれしく思いました。

ぜひ、来春の大舞台への出走へ、楽しみに見守りたいところです。

 

 次週はエルディアマンテとプレシャスリーフもデビュー予定。続いてほしい!

 

あと、出資馬関連でいえば、黄菊賞で2連勝を飾ったジュンヴァルロ。

今年サンデーで出資したウェイクミーアップの16の半兄に当たります。

ウェイクミーアップの16も今のところ順調ですが、兄にも注目しています。

 

 

~infinity~∞

ファンタジーSのアマルフィコーストは1番人気ながら3着。

消化不良でしたが、先へ繋げるためのレースだったならば次こそは結果を。

 

今週は土日の京都で2頭がスタンバイ。

土曜・比叡Sのドレッドノータスは、予定していた修学院Sから1週前倒しの出走。

休み明けのフレッシュな状態の方が走る馬ですし、京都も得意ですが、

少頭数ながらメンバーが揃ったのと、外回り2200mへの距離延長がカギですね。

今週から再来週にかけ2〜6歳のディアデラ5きょうだい現役全馬が出走予定とか。

先陣を切るドレッドに、2歳戦とはいえ重賞勝ち馬の底力を見せてほしいものです。

 

日曜の新馬戦(1600m、牝馬限定)ではフィニフティがデビューを迎えます。

3週前の追い切りで時計が芳しくなく、ショボーンとしていたのですが、

そこでスイッチが入ったのか、その後から良い動きを見せているようです。

キャロットの2歳馬は母馬優先のある馬を中心に出資した中で、

この馬はツアーでの動きが気に入った馬。走ってくれると自信になるんですが。

 

 

Fantasyが始まる

先週デビューを迎えたヴィオローネは5着と掲示板を確保。

まずまずの結果ですが、レースでは集中を欠いていたとのこと。

続戦する方向のようで、変わり身に期待したいところです。

 

今週のJRAは金土日の3日間開催で、金曜日に重賞が1つ。

そんな珍しいレース、京都・ファンタジーSにアマルフィコーストが出走します。

7月の中京2歳Sを勝ち、暮れのG1へここから始動となりました。

変則開催で、先週のうちに坂路で53.9-12.1と好時計を出し、状態は良さそう。

天気にも恵まれそうで、良馬場でスカッとした脚を見たいところですが、

キャリアの浅い2歳牝馬同士の戦いですからねぇ。どうなりますか。

この先も楽しませてもらえそうな走りを見せてくれますように。

 

土曜・福島の500万下戦にはシャンタルエットが函館以来3ヶ月半ぶりの出走。

遅くとも5ヶ月後には引退する5歳牝馬なので、あとひと花を願いたいのですが

近走は体重が増えている中で凡走続き。放牧先でもまた増えているようで…。

これまでステイキングダムとシトラスクーラーをテン乗りで勝たせてくれた

和田騎手に乗り替わるのはうれしいのですが、さすがにこの馬は厳しいかなぁ。

 

 

Shall we dance in the rain?

先週のシトラスクーラーは2着賞金をくわえてきてくれてありがたい限り。

一方、アジュールローズは喉の影響もあったのか、直線で失速して大敗。

牧場で再チェックだそうで、ダービーまで進んだ馬ですし再起に期待したいところ。

 

今週の出走は1頭、土曜・京都でヴィオローネがデビューします。

昨年の募集で、アマルフィコーストを2位で外したために2次で追加した馬。

縁あってアマルフィをキャンセル募集で追加し、すでに好成績を残していますが、

ヴィオローネだって、牧場ではトビの大きさを評価してもらえていました。

メンバーは揃いましたが、調教も悪くないですし、好走を願っています。

 

それにしても、今週も雨なのね…。